LGBTとは何か

LGBTとは何か

LGBTとはどういう意味なのか、ご存知でしょうか。現代において誰もがおそらく一度は、新聞や雑誌、Webなどで見たり聞いたりしたことがあるでしょう。

女性同性愛者のレズビアン、男性同性愛者のゲイ、両性愛者のバイセクシュアル、そして性別越境者のトランスジェンダーの頭文字を繋げたものがLGBTであり、日本語で表現すれば性的少数者、という意見もあります。

これらの人々は、一般的と言われる異性愛者に比べ、ずっと昔から偏見や差別に苦しんできました。異性同士のカップルなら当然のように与えられるはずのさまざまな権利を行使することができず、更に昔は自分の指向を明かすことすらできない状況でした。

しかしそれを乗り越え、勇気を出して自分の指向について声を上げる人が少しずつ増えてきています。その人達に賛同する人々が増えたことで、LGBTという表現も存在も、現在は認識されつつあります。同性同士でもパートナーとして認定してくれる自治体や企業も、少しずつですが増えています。

LGBTと言っても、その人達の方針などについて意見がきっちり統一されている訳ではないので、少数派であっても色々な人が居ます。それは大多数の人達と何ら変わらないものです。
LGBTとは、性的少数派かもしれませんが、否定するべきものではないのです。

INFORMATION

2018年06月21日
ホームページを更新しました